フェアウェイバンカーショット


今回は、フェアウェイバンカーショットについて、紹介したいと思います。

フェアウェイバンカーからのショットで大切なのは、
オーバースイングにならないことです。

アドレスが不安定だと、スイングバランスが崩れて、
正確にヒットすることができなくなります。

飛距離を出したい、高いボールを打ちたいという気持ちは、
オーバースイングになりやすので、注意して下さい。

フィニッシュで身体が動かないようなバランスをとれるくらいの
スイングにとどめることが重要です。

力づくでスイングスピードを上げたり、
強すぎるダウンブローにならないようにして下さい。

高いボールを打とうとする気持ちが、強すぎると、
上体が伸び上がってしまい、上体の伸び上がりは、ダフりやすいので、
気をつけるようにして下さい。

ややダウンブローで、ボールよりも先の砂をとっていくようにスイングすると、
上体の伸び上がりを防ぐことができます。

またアドレスの時は、ボールの左側を見ていると思いますが、
スイング中、常にボールの左側を見る意識を持っていると、
顔が上がらずにスイングすることができます。

フェアウェイバンカーでダフリは禁物ですが、もしダフったとしても、
ミスを最小限に防ぐためには、フェイス面を若干オープンにしておきます。

そうすると、ボールの手前にクラブが下りてきてしまった時でも、
ヘッドが砂の上を滑りやすくなります。

安定したアドレスを作るために、両足を地面に埋め込んで、足場を安定させて下さい。
体重移動は、特に必要ありません。上体の捻転だけスイングしていきます。

オーバースイングになってしまうと、フィニッシュで左足がずれて、
不安定になってしまいます。左足がずれているということは、
スイングのズレであり、球筋もずれることを意味します。
左足がずれない程度の振り幅とスピードを心がけて下さい。