フェイス面にボールを乗せる方法


今回は、フェイス面にボールを乗せる方法について、

紹介したいと思います。

 

フェイス面にボールをしっかりと乗せるためには、

フェイス面をうまく開いたり、閉じたりして、

バンスを使って、ソールを走らせることが重要です。

 

ソールを滑らせることによって、

スピンがよく効いてくれたり、

ボールの手前にフェイス面が入ってしまっても、

ミスを最小限に防いでくれます。

 

多くのゴルファーの方々は、球筋や方向性を

意識が行き過ぎてしまい、フェイス面を閉じてつかいすぎです。

 

ボールを上げようとしてしまい、

エッジが地面から離れてしまったり、

地面に刺さりすぎてしまい、

ソールを最大限に利用できないでいます。

 

フェイス面を閉じたり開いたりの動作は、

手首を使うと思われがちですが、

フェイス面の作業は、前腕を使うことをおススメします。

 

前腕を使うタイミングですが、ヘッドが腰の高さに

きたところがポイントです。

 

ヘッドが腰の高さまできたら、

前腕を90度回転させます。

フェイス面が正面を向いたら、

正しい位置に向いていると言えます。

 

ダウンスイングからインパクトに欠けては、

再び前腕をもとに戻して、インパクトを迎えます。

 

そうすると、ボールを包み込むようにヒットできます。

スピン量を適度なレベルになります。