フェイス面のどこに当てるか


今回は、フェイス面のどこに当てるかということについて、紹介したいと思います。

アイアンショットで、常に同じ高さ同じ距離で打つためには、ヘッドの同じ場所で
インパクトする必要があります。

フェイス面のどこでインパクトすれば、安定したボールが打てるかと言うと、
スコアラインの下から3本目かつヒール寄りにボールを当てることが重要です。

ボールを上げようとしたり飛ばそうとすると、クラブがインサイドから降りてきてしまい、
地面に直接置いてあるアイアンショットは、ダフりの原因になることが多いです。

アイアンでは、ダウンブローかつボールの真後ろをたたくイメージが重要です。
そのようなスイング軌道になると、ヒール側にボールが当たるようになります。

インパクトを気にしてしまうと、フェイス面が気になってしまい、
かえってインパクトが不安定になってしまいます。

フェイス面を振ると言うよりは、シャフトを振る感覚を持つと、安定してきます。
ボールをセットする位置ですが、フェイス面の真ん中よりトゥ側にせっとします。

そうすると、シャフトを振る感覚になり、ヒール寄りにヒットしやすくなります。
手首の位置は、アドレス時とインパクト時の高さを一定にして下さい。

フェイス面の同じ位置に当たりやすくなります。