フェイス面をしっかり返す方法


今回は、フェイス面をしっかり返す方法について、紹介したいと思います。

最近のレッスンは、フェースターンを抑えて打つ、
というのが流行のようです。この流行に疑問を感じる方も
多いと思います。

ゴルフは先が大きくなったシャフトでボールをヒットしていく競技です。
さらに面倒なことに、このヘッドは常にオープンという特徴を持っています。

そのためには、フェース面を積極的にクローズしていく
作業が絶対的に必要となるのです。

フェイス面を自然にクローズしていくには、
トップで折った右ヒジをダウンスイングでぐーんと伸ばしていきます。
その感じをつかむことによって、ダウンブローをマスターするための
基本を身につけることができます。

多くのプロのショットは、たいていフォローでフェイス面が
クローズになっていきます。

ダウンブローとフェースターンのつながりについて、
さらに説明を加えていきます。

最近はボールのつかまりのいいクラブが製造されています。
フェイス面をあまり返さずに、ショットすることが推奨されています。

実際「フェイスの返しを抑えるのがストレートボールのポイント」
といったトッププロの意見を耳にすると思います。

しかしそれは、ボールをきちんとつかまえるテクニックが
備わっている方々の意見です。

ゴルフ雑誌などで、プロのアイアンショットのフォローでの
フェース面の方向に注意してください。