フェイス面をスクエアに構える方法


今回は、フェイス面をスクエアに構える方法について、紹介したいと思います。

アドレスした時に、ドライバーやアイアンの顔の向きを気にし過ぎてしまうと、
スクエアにアドレスしにくくなってしまいます。

無理にスクエアを合わせようとすると、ハンドファーストが強くなってしまい、
シャフトが傾きすぎてしまいます。シャフトの傾き過ぎは、ミスにつながります。

手首を左サイドにセットして、ハンドファーストがきつくなってしまうと、
フェイス面がクローズドになってしまい、シャフトが長くなるほど、低い弾道になってしまいます。

どのクラブを握ったにしても、手首の位置は、左胸の前が原則になります。
フェイス面の向きを確認する前に、手首の位置がずれていないかをチェックして下さい。

インパクトでフェイス面をスクエアにするためには、
左ひじ、手首、ヘッドを結んだ線を意識します。

その線を意識して、バックスイングして、ダウンスイングしてくると、
インパクトでのスクエアに安定感が出てきます。

ダウンスイングで手首が高い位置にあるのは、NGです。
手首が高くなってしまうと、身体がオープンになりやすくなってしまいます。

身体がオープンなのを、手首で強引に修正しようとするので、
手打ちになりやすくなってしまいます。
またスイングのタメができずに、あおり打ちになりやすいので、注意して下さい。