フェース面を正しく返す方法


今回は、フェース面を正しく返す方法について、紹介したいと思います。

フェイス面を正しく使うためには、
左手首を確実に固定して返すことが重要なポイントになってきます。

右手の甲を空に向けていくと同時進行で、左手の甲を地面に向ける
ようにして下さい。

練習場で、フェイス面を返してボールを打ってみて下さい。
フェイス面を返した状態で、ボールを打つことができますか。
意外と多くの方々が、フェイス面を返してしまうと、
ボールを上手くヒットできないかもしれません。

原因として考えられるのが、
左手首を甲サイドに折ってしまう打ち方です。
甲サイドに折ってしまうと、ボールを捉えることができません。

この打ち方を防ぐには、ダウンスイングで右ひじを伸ばしていきながら、
左手首を確実にロックしていきます。
右手の甲を空に向けていただき、
さらに左手の甲を地面に向けるようにしてみて下さい。

フェイス面を正しく返しているかをチェックする方法は、
マットの上をヘッドでたたくようにスイングすることで
チェックできます。

手首をこねてしまうと、どーんと鈍い音がします。
フェイス面の返しができているとざっとソールが滑ってくれて、
長いインパクトゾーンを実現できます。