フォロースルーでの左ひざの使い方


今回は、フォロースルーでの左ひざの使い方について、紹介したいと思います。

身体の回転をなめらかにするために必要となるポイントが、身体の伸び上がりを防ぐことです。
伸び上がりを防ぐためには、フォロースルーでの左ひざの動きが重要になってきます。

フォロースルーで左ひざを伸ばし切ってはいけません。むしろ地面にひざをつけていく感じで振っていくようにして下さい。
ひざの角度を維持しながら、スイングしていくと、腰や上体の伸び上がりを防いでくれます。

トップからフォロースルーにかけて、ひざが伸びてしまったり、身体が起き上がってしまうと、
身体を回転させるコマ運動ができなくなってしまいます。

このような伸び上がりの原因は、ボールを少しでも飛ばしたいという欲求から起きやすくなっていきます。
身体の伸び上がりを防止するためには、トップからフォロースルーにかけて、
体重を股関節の壁でブロックしていくことが大切です。

伸び上がらないためには、スタンスの幅も重要になってきます。
スタンスが広すぎると、上体が伸び上がりやすいので、スタンス幅を狭めにして下さい。

スタンス幅が狭いと、スイングで身体の回転を意識しやすくなり、股関節で壁を作ることができます。