フォロースルーでの左腕の伸ばし方


今回は、フォロースルーでの左腕の伸ばし方について、紹介したいと思います。

プロゴルファーのような左腕があ伸びたフォロースルーは、多くのゴルファーの憧れだと思います。
フォロースルーで左腕が伸びると、ボールを長い時間押し続けることができるので飛距離が伸びて、
インパクトゾーンがストレートになるので、方向性も安定してくるメリットがあります。

しかし無理やり腕を伸ばそうとするのは、NGです。腕を伸ばそうとすることで、
腕が硬くなってしまい、身体全体が硬くなってしまうからです。

身体全体が硬くなると、上半身が起き上がってしまい、腕の動きが悪くなってしまいます。
腕の動きが鈍くなることによって、フェイス面がローテーションせずに、
ボールを捉えることができなくなります。

腕を自然に伸ばしていくためには、左ひじがどこを向いているかをチェックして下さい。
フォロスルーで、左ひじの内側を自分の方に向けてみて下さい。

左ひじの内側を意識することによって、肘が曲がることもなくなりますし、
力が入ることもなくなります。

スイングの遠心力によって、肘が伸びていく理想的な形になります。
ダウンスイングからインパクトにかけて、腰が流れてしまうと、
腕を動かすスペースがなくなってしまい、左ひじが曲がってしまいます。

また腰がオープンになってしまうと、捻転を使えず、手打ちになってしまいます。

インパクトで、左股関節に右股関節をくっつけていくイメージを持って下さい。
そうすると、正確に腰を回転させることができます。