フォロースルーでは景色が斜めに見える


今回は、フォロースルーでは景色が斜めに見えるというテーマについて、紹介したいと思います。

前傾角度が最後までキープできてくると、景色が違って見えてきます。
アドレスしているときは、ボールが視界のセンターに見えていると思います。

バックスイングからトップにかけては、顔の向きが若干右サイドに移るので、
ボールも身体のセンターから外れます。

ダウンスイングでは、視界のセンター付近にボールが見えてくるようになってきます。
ボールを打った直後は、視界からボールが消えていきます。

身体の前傾角度はキープされたままなので、景色が斜めに見えてきます。
フォロースルーの時は、視界は斜めになったままです。
フィニッシュで、やっと視界は元の状態に戻ってきます。

前傾角度をキープするためには、前傾角度を意識する必要はありません。
股関節を前に折るイメージを持つと良いです。

股関節を前に折ることによって、身体が起きてしまうことはありません。
股関節を前に折るためには、股関節にシャフトを押し付けて、
その反動を利用して、前傾角度を作ってください。

体重はつま先にかけるようにして下さい。ひざの角度を適度に曲げて、
横から見たときに、ひざと股関節が曲がっていることが重要です。