フックラインい見える錯覚を防止する方法


今回は、フックラインい見える錯覚を防止する方法について、紹介したいと思います。

絶好のバーディチャンスで、ラインはどう見てもフックライン。
狙い目はカップの右サイド。自信を持って打てたはずなのに、
ボールはフックしないで、カップの右サイドを抜けてしまった。

このようなフックラインと錯覚してしまう原因として、首の傾きが考えられます。
右利きのゴルファーがラインを読もうとすると、 頭を右に傾けやすい傾向があります。

プレパットルーティンでボールの後ろ側からラインを見るのは良いのですが、
カップを見ながらアドレスに入っていく時に、頭が右サイドに傾いていってしまう傾向があります。

ゴルフのスイングでは、アドレスやスイング中の頭は、右サイドに傾きがちです。
その習慣が自然と身についてしまって、ラインを読む時も右サイドに傾いてしまうのです。

頭が右サイドに傾いてしまうのを防ぐためには、アゴを引くことです。
アゴを引くことによって、頭が動くことを防ぐことができて、目線が地面と水平になりやすくなります。

目線だけだと不安な方は、ゴルフキャップをかぶっていただき、帽子のつばを基準にするのも良い方法です。
つばの右サイドが下がっていたら、頭が傾いていることを意味します。

ラインを確認した後、アドレスに入る時に、頭を傾けないようにすることも忘れないようにしてください。