フックラインを確実に決めるためのパッティング


今回はフックラインを確実に決めるためのパッティングについて、
紹介したいと思います。

フックラインのミスで多いのは、引っかけです。
文字通り打った瞬間からボールが左に出てしまい、
カップから離れていってしまう現象です。

引っかけをするくらいなら、まだプッシュアウトの方がいいくらいです。
フックラインなので、戻ってくる可能性があります。

ひっかけを防ぐ対処法は、上半身の使い方にあります。
ひっかけの原因は、ダウンスイングで左肩が開いてしまうことにあります。

左肩が開いてしまうと、パターヘッドは外側からカット打ちの状態で
振り下ろされてしまうのです。

パットで、マン振りをする必要はありません。
アドレスで、両足、両ひざ、腰、両肩をストレートにアドレスします。

ストレートのラインを維持しながら、ストロークしていきます。
左肩の開きに注意して、右手を身体のラインに平行になるように、
ストレートに動くようにしてあげると、引っかけをすることがなくなります。

パッティングでは、ボールの軌道が誰でも気になるところです。
ボールの軌道を気にするあまり、顔を上げてしまうことも、左肩が開く
原因になります。

インパクト後も顔を下に向けていく意識を持つと、なお良いです。