フットワークを使うためのひざの動きとトレーニング


今回は、フットワークを使うためのひざの動きとトレーニングについて、紹介したいと思います。

飛距離を伸ばすためにフットワークが重要な理由は、野球のキャッチボールと同じです。
ボールを近くに投げるなら、上半身だけでもボールを投げることができます。

しかしボールを遠くに投げるためには、体重を右足に乗せてから、
左足に一気に体重を乗せていきます。野球でもフットワークが必要です。

ゴルフでフットワークをリズムよく実施するためには、右ひざの動きが重要です。
右ひざをバックスイングの始動前に左側に動かします。

右ひざをフォワードプレスしていきます。フォワードプレスによって、
ひざの動きがスムーズになります。フットワークがうまく使えるようになります。
ゆっくり大きなスイングができるようになります。

さらにフットワークを良くするためには、直立不動の姿勢をとります。
その状態から、クラブを股関節に当てます。股関節を境に、
上半身を前傾させていきます。

ひざを少し曲げていただくと、身体の前にスペースができて、
フットワークが使えるようになってきます。

フットワークを使うためのトレーニングには、ゴムバンドが有効です。
ゴムバンドをドアノブなどに引っかけて、ダウンスイングをするように
引っ張って、2分間キープします。

引っ張る力は、足から生み出されます。足を使ってください。
腕で引っ張ってしまうと、コックがほどけてしまうので、注意して下さい。