フットワークを使った飛ばし方


今回は、フットワークを使った飛ばし方について、紹介したいと思います。

フットワークを使った飛ばしの基本は、
ダウンスイングでは右足を蹴っていくことです。

右足を蹴ることによって、ヘッドスピードを上げることができて、
ボールに運動エネルギーを伝えることができます。

右足の蹴りの力をヘッドに伝えるためには、
左側をブロックして、壁を作れるかにかかっています。

右足でいくら強く蹴っても、身体が左サイドに
スウェーしてしまっては、ボールに力が伝わりません。

バックスイングからトップにかけて、右足太ももの外側に緊張させて、
体重を右足に乗せていきます。

太ももの緊張と右足への体重移動が、
ダウンスイングで右足を強く蹴る力になります。

ダウンスイングでは、左腰を回転させながら、お尻の筋肉を緊張させて、
右足を蹴っていきます。この時、右ひざを左ひざに寄せていかないことがポイントです。

腰を回転させることで、左側に壁を作ることができます。
右足を蹴る時に、右ひざを前に出さないようにして下さい。

膝が前に出てしまうと、力が分散してしまいます。
膝を前に出さずに、真っ直ぐ地面を押して下さい。

しっかり体重が右足に乗っているかを確認する方法は、
トップで、右ひざの高さが左ひざよりも高くなっているかを確認します。

右ひざの位置が、高くなっていたら、正しく体重が乗っています。

体重が右足に乗りにくい方々は、バックスイングで、
左ひざを右ひざに寄せていくと、体重が乗りやすいです。