プロに学ぶツイスト打法練習法①


今回は、プロに学ぶツイスト打法練習法について、紹介したいと思います。

ツイスト打法で大切なポイントは、ボールを引きつけて打つことです。
ボールを引きつけるためには、頭を動かさないようにして、
身体が左に動いてしまうことを防ぐことです。

野球を例に挙げるならば、内角の低めに来たボールをセンター方向に運ぶ感覚です。
身体が左方向にずれてしまい、左足に体重が乗ってしまうと、
クラブが遅れてしまい、上手に打つことができません。

ボールを捉えるためには、ボールを引きつけて、
回転軸が右足に残っていることが重要です。

そこで、右足に回転軸を残して打つための方法を紹介します。
ダウンスイングからインパクトにかけて、
右腰でボールを打つ感覚を持つことです。

右腰をボールにぶつける感じといっても良いです。
ぶつける感じを持つためには、右腰をボールがセットしてある方向に、
押し出していく感じを持つと良いと思います。

左腰を回転させる意識を持つと、左腰がへっぴり腰になってしまい、
力がボールに伝わりにくくなってしまいます。

スイング軌道がアウトサイドインにもなりやすく、スライスの原因にもなります。
ストレートボールを打つためには、左側を意識するのではなく、
右腰をボールにぶつける感覚を持って、腰を地面と水平に回すようにして下さい。