プロに学ぶツイスト打法練習法②


今回も、プロに学ぶツイスト打法練習法について、紹介したいと思います。

ボールを引きつけて打つためには、右腰を意識する必要があります。
引きつけるためには、身体が左方向に動いてしまうのはNGです。
それを防ぐための方法を紹介します。

まずは体重配分です。ドライバーであれば、
右足に6割、左足に4割で体重を乗せて下さい。

バックスイングを開始したら、体重を右足に乗せていってください。
正確には、右足の太ももの内側に乗せていってください。

トップの位置までは、背中でクラブを上げていってください。
体重を乗せる感覚を体感するためには、バックスイングをゆっくり始動して下さい。

バックスイングを早く上げてしまうと、
スイング軌道がずれやすくなってしまうので、注意して下さい。

ダウンスイングになっても、体重は右足に6割乗せた状態にしておきます。
フィニッシュで、やっと左足に乗ってくる感覚です。

体重を右足に乗せて打つためには、
身体が左方向に動いてしまうことは禁物です。

左方向に動くことを防ぐためには、帽子のつばを目安にしてみて下さい。
バックスイングを始動したら、つばを若干右方向に向けます。

つばの向きを維持したまま、ダウンスイングしてみて下さい。
つばが左方向を向いてしまうと、上体が伸びあがってしまいます。
つばが右方向を向いてままであれば、前傾角度も維持できます。