プロのスイングを盗む


今回は、プロのスイングを盗むというテーマで、紹介したいと思います。

世界の一流ゴルファーのスイングには、共通点がいくつかあります。
プロでなければ難しい技術もありますが、
アマチュアの方にも参考になる技術もたくさんあります。

まずは、アドレスです。再現性が高い弾道を達成するためには、
正確なアドレスが必要になってきます。

アドレスした時の背骨の位置は、身体のセンターよりも少し右方向に傾いています。
頭もセンターより少し右方向に位置しています。

頭の位置は非常に重要で、アドレスした時に頭の位置が、
左方向に位置してしまうと、バックスイングからトップにかけて、
左足に体重がかかってしまい、ダウンスイングで、右足に体重がかかってしまい、
ダフリの原因になってしまいます。

アドレスした時の前傾角度ですが、一流ゴルファーの共通点は、
前傾角度が最後まで維持されていることです。
前傾角度が縮んだり広がったりしてしまうと、インパクトが不安定になってしまいます。

アドレスを横から見た時に、脇の下から線を真下に伸ばした時に、
両膝と先と親指の付け根を指していれば、OKです。

ゴルフクラブと身体との位置関係ですが、
グリップエンドがベルトのバックルを指していれば、OKです。

逆にプロのスイングで真似してはいけない技術もあります。
バックスイングのスピードを早くしたりして、
トップでクラブのシャフトが地面と平行になるまで持ってくることは、危険です。

オーバースイングになりやすく、スイングプレーンから外れやすく、
ダウンスイングでアウトサイドインになってしまい、スライスの原因になります。

最近タイガーウッズが実践している左足加重スイングは危険です。
バックスイングからトップにかけて、左肩が落ちてしまい、
ダウンスイングで逆に右足加重になってしまい、ダフリの原因になります。

ダウンスイングにかけて、右足を蹴って、
ヘッドスピードを上げようとするのは危険です。
右足を蹴った時に、一緒に右ひざが前に出てしまい、
身体が伸び上がってしまい、ミスの原因になり、飛距離もかえって落ちてしまいます。

ダウンスイングからインパクトにかけて、腰を素早く回していくことは危険です。
プロのような捻転差を維持できれば良いですが、
多くの場合、腰と上体の動きが一緒になってしまい、
身体がオープンになってしまい、スライスの原因になってしまいます。