ヘッドから下から入ることに要注意


今回は、ヘッドから下から入ることに要注意と言うテーマで、紹介したいと思います。

ヘッドが下から入る前兆は、以下の通りです。
オーバースイング気味のスイング。
トップからダウンスイングにかけて、手が身体に近いために、タメを作りすぎてしまう。
インパクト直前に、右肩が落ちてしまい、右サイドが苦しくなってしまい、
ヘッドが下から入ってしまう。

トップからダウンスイングにかけて、腕に力が入ってしまうと、
腕でダウンスイングをしようとしてしまいます。

そうすると手が先に動いてしまい、シャフトがアップライトになってしまい、
タメが出来すぎてしまいます。

その状態からインパクトを迎えてしまうと、ヘッドがボールの下から入ってしまいます。
下から入るとはインサイドから入ることを意味します。

ヘッドが遅く入ってしまい、ボールが右に出てしまいます。
右に行くことを恐れるあまり、フェイス面を返そうとしてしまうと、
今度はひっかけになってしまいます。

アイアンで起こりやすいので、注意が必要です。
ボールが下から入るのを防ぐには、以下の点に注意する必要があります。

腕と身体の動きを連動させるようにします。
ヘッドが早く下りてくるように、カット打ち感覚に打つようにします。

身体の正面を常にグリップエンドがくるようにしておきます。