ヘッドを走らすダウンスイング


今回は、ヘッドを走らすダウンスイングについて、

紹介したいと思います。

 

身体の捻転を意識しすぎると、

腕や身体に力が入りやすくなってしまいます。

 

フィギュアスケートを思い出してください。

腕を広げて回転しようとすると、速く回転はできません。

 

一方腕を身体に近づけて、回転しようとすると、

早く回転することができます。

 

ゴルフも同じ要領です。

腕や手を身体に引き付けて、回転したほうが、

早く回ることができます。

 

腕に身体を引き付けることによって、

手首の角度をぎりぎりまで維持することができて、

タメを作ることができます。

 

手首がほどけてしまうと、振り遅れてしまいます。

トップポイントで、しっかり身体を回していけば、

若干身体を左サイドに移動するだけで、

ヘッドスピードは、速くすることができます。

 

左サイドの方や腰やひざの範囲内で、

腕を引き付けていきます。

 

ダウンスイングで、身体を左サイドに移動したら、

ヘッドにスピードが乗ってきます。

 

あとは、身体をリラックスさせていくと、

シャフトのしなりを活用することができます。

 

シャフトのしなりを理解するためには、

ショートアイアンを使います。

 

7番か8番をつかって、手首のリリースをできるだけ、

我慢します。

 

シャフトがしなり始めたら、手首をリリースする

練習をして下さい。