ヘッドスピードを上げる方法


今回は、ヘッドスピードを上げる方法について、

紹介したいと思います。

 

ヘッドスピードと飛距離は、比例関係にあります。

ミート率も影響しますが、一般的に

1メートルヘッドスピードが上がると、

飛距離は、5ヤード伸びると言われています。

 

ヘッドスピードを上げるためには、無理やり

ヘッドを早くしようとしても、スイング軌道が乱れてしまいます。

 

スイング軌道をキープしつつ、ヘッドを走らせることが重要です。

ヘッドを早く走らせるためには、身体を早く動かしても、

あまり意味がありません。

 

身体を早く動かそうとすると、身体の軸が動いてしまい、

シャフトのしなりを利用して、ヘッドが走ります。

 

ダウンスイングでヘッドスピードを走らせるためには、

左腰の横に椅子などの障害物を置いて、左の股関節を軸にして、

その場で回転する意識が必要です。

 

身体が回転しないで、飛球線方向に流れてしまうと、

障害物が倒れてしまいます。

 

そうすると、ヘッドは走らず、飛距離が出ません。

 

左の股関節を中心に壁を作って、回転すると、

下半身と上半身が引っ張り合う形になり、

引っ張り合いの力を利用して、ヘッドが走るようになります。

 

下半身が流れないようにするためには、

左の腰に力を入れるイメージを持つと良いです。