ヘッドスピードを速くする練習


今回は、ヘッドスピードを速くする練習について、紹介したいと思います。

最初の方法は、左手の小指を使った練習法です。
通常通りのグリップで、クラブを握ります。

握ったら、左手の小指をグリップから離します。
左手の小指を離すだけで、自然とリストが返って、クラブが走ります。
窮屈感がなくなります。

小指を握ってしまうと、確かにメリットはあります。
小指は、クラブの良からぬ動きを抑制するためのコントロール指です。
しかし、リストが返るのを邪魔をしてしまうこともあります。

小指を離して、実際にボールを打ってみて、リストが返る感覚を体感して下さい。

次に野球のバットを振るように、腰の高さでスイングする方法です。
グリップは、ベースボールグリップで握ります。
そして、クラブを腰の高さまで上げてきて、スイングします。
そうすると、リストが返る感覚をはっきりと体感できます。

グリップは、ベースボールグリップから始めて、徐々に両手の間隔を
離していくと、リストを返す感覚が分かってきます。

インパクトで、上体が飛球線方向に突っ込んでしまうと、リストターンが
難しくなります。そこで左足の下に、4センチくらいの板を敷いて、
スイングする方法があります。身体の突っ込みを防止して、
手首が返って、リストが返るようになります。