ホームランをなくすバンカーショット


今回は、ホームランをなくすバンカーショットについて、紹介したいと思います。

一般的なバンカーショットと言えば、両足を砂の中にがっちり埋め込んで、
手首を使うショットだと思います。正しくスイングできれば、この方法でも構いませんが、
多くの方々は、体重が左足に移動してこないので、アッパーブローになってしまい、
ホームランになってしまうことが多いようです。

トッププロのバンカーショットを見てみると、インパクトの時点で、
頭は最初の位置をキープした状態になっていて、膝を飛球線方向に若干移動させています。

膝の動きを調整することによって、球筋を調整しています。
この方法だと、ホームランを減らすことに有効です。

膝を動かす練習として、足だけを動かす素振りを紹介します。
ティを口でくわえていただきます。ティの先が少し右側に向くように、顔の向きを調整して下さい。

頭の向きを最後まで維持したまま、素振りをします。
この時に、下半身をややオーバーに飛球線方向に動かしてみてください。

フォロースルーでは、左足の裏が地面から離れるくらい腰の膝を積極的に移動してみてください。
左方向への体重移動で、スイングをしてみてください。

次の練習として、1本足素振りを紹介します。バックスイングからトップにかけて、
左足を上げていただき、1本足を作ります。ダウンスイングで、左足を一気に踏み込んでいただいて、
体重を乗せてスイングしてみてください。

左足を踏み込む時は、最初にかかとから踏み込むと、
上半身の伸び上がりを防ぎ、フォロースルーを低く長くとることができます。