ホームランを防ぐためのバンカーショット


今回は、ホームランを防ぐためのバンカーショットについて、

紹介したいと思います。

 

一見したところ、たいして難しくないような

バンカーから、いつも通りにバンカーショットをしてみたら、

トップしてしまい、大ホームランをかっとばしてしまった。

 

一度でも大ホームランをかっ飛ばしてしまうと、

次のショットでは、大ホームランのイメージが出てしまい、

怖くて打てないものです。

 

しかしホームランを防ぐ対策を知っていれば、

大丈夫です。

 

ホームランの原因は、ダフリに不安を感じていたり、

距離を出したいがために、砂を取る量が少ないのが原因です。

 

最初にチェックしておきたいことは、

完璧にクリーンヒットしていなくても、

高いボールを打つことができて、

距離を出すことができることです。

 

また砂をある程度はとっていただいて、

砂を多めに取った方が、ボールは転がってくれて、

打ちやすいということです。

 

実際のスイングでいうと、左方向に身体が流れてしまったり、

身体が起き上がってしまったり、ハンドファーストが強すぎると、

ボールにエッジが当たりやすくなってしまい、

ホームランが出やすくなります。

 

上体の角度を変えないで、ヘッドの動きを

先行させていくと、たいていの場合は、

ホームランになることはありません。

 

バンカーに足を埋めていただいて、

左足をさらにバンカーに埋め込んで、

左足下がりの状態を作ります。

 

これだけで、ホームランを防ぐことができます。