ボールがラフに埋まっている時のアプローチ


今回は、ボールがラフに埋まっている時のアプローチについて、紹介したいと思います。

ボールがラフの奥深くに埋まってしまっている場合は、
ヘッドの通りが当然悪くなります。

そのような時は、ヘッドをアップライトに下して、
打ち込むことが多いと思います。

しかしそのような打ち方をしてしまうと、
ラフにヘッドが絡まってしまい、
ミスショットになりやすくなります。

ボールがラフに絡まっていたり、
沈んでしまっている時は、
打ち込んでしまうのは、NGです。

ラフに埋まっていても、芝ごと払うような打ち方が
おススメです。

手前の芝から払って打っていきます。
そのためには、フェイス面をオープンにして、
ヘッドが芝を滑りやすいように打っていきます。

フェイス面をオープンに構えたら、
フェイス面のリーディングエッジを右方向に向けます。
スタンスもオープンにします。

こうすることによって、ラフからの抵抗を
極力抑えることができます。
ヘッドも滑るようになってきます。

フェイス面をオープンにしていたとしても、
芝の抵抗がかかるので、インパクトでは、
フェイス面はストレートになるので、安心です。

使用クラブは、8番かそれより短いクラブを選択します。
長いクラブは、ミスを誘発するので、注意して下さい。