ボールが浮いた状態のラフからの脱出


今回は、ボールが浮いた状態のラフからの脱出について、紹介したいと思います。

ボールが浮いた状態のラフをみて、これなら簡単だと打ってみたら、
ボールの下をヘッドが通り抜けてしまい、
再びラフにつかまってしまった経験はありませんか。

ボールが浮いた状態のラフは意外と手ごわいものです。
順目ならともかく逆目のライは、距離感が厄介です。

このような時は、フェイス面をオープンにして、
アドレスします。バンスを使うことによって、
ヘッドが潜らないようにします。

バックスイングは、インサイド方向に上げていきます。
フォロースルーは、アウトサイド方向に抜いていきます。

スイング軌道をインサイドアウトにすることによって、
ボールは、フェイス面のトウ側からヒール側へボールは移動します。

ボールは、フェイス面を滑っていくようにヒットします。
フェイス面で、包むように打つと、距離感と方向性が安定してきます。

左わきが空かないようにします。インサイドアウトのスイング軌道は、
左わきがあきやすくなります。左わきを締めて下さい。

インパクトからフォロースルーにかけては、
手首の角度を維持したまま、クラブを振り抜いて下さい。

腹筋には力を入れて下さい。上半身を水平に回転していきます。