ボールが飛ぶドライバーショット


今回は、ボールが飛ぶドライバーショットについて、紹介したいと思います。

スライスやフックを怖がってしまい、
ボールを打ちにいこうとしてしまうと、
手で打ってしまったり、上半身が突っ込んでしまいがちです。

身体の回転を使って、大きく振っていく必要があります。
ボールが飛んで、かつ曲がらないボールを打つためには、
体重移動が重要になってきます。

アドレスしていただいたら、身体の中心にラインをイメージします。
バックスイングと同時に、ラインを右足の内側の太ももあたりに移動して、
そこを中心に身体を回転していきます。

ダウンスイングからフォロースルーにかけては、ラインを左足の
内側の太ももあたりに移動していきます。

こうすることによって、身体の回転を使った体重移動になります。
このときに、身体の回転を意識しすぎて、上半身が突っ込まないよう
注意して下さい。

上半身が突っ込んでしまうと、クラブが遅れて下りてきてしまうので、
注意して下さい。

インパクトでの身体の位置は、ボールの正面にくるようにします。
下半身は飛球線方向に回転しているのに対して、
上半身はボールの正面にあるので、捻転差が生まれて、
飛距離が生まれます。

インパクトでは、左足の内側に緊張感を感じるようにして下さい。