ボールにどんなマークをつけたらよいか


今回は、ボールにどんなマークをつけたらよいかについて、紹介したいと思います。

パッティングする際に、ボールにマークをつける方は多いと思います。マークのつけ方は、さまざまだと思います。

マークを描く、2本以上の線を書く、1本の線を書く、線なしなど様々です。

マークを描く方法は、ボールの芯に集中することができて、
正確にボールを捉えることができます。常にショートしやすい方にはおすすめの方法です。

2本以上の線を書く方法は、ラインを性格に合わせやすいことと
フェイス面をスクエアに構えることができる点です。

1本の線を書く方法は、ラインが左に向いているような錯覚を起こしやすくなります。
引っかけやひっかけを怖がって、右に押し出してしまうミスが多くなるかもしれません。
ラインに対して、線が直角になるようにボールをセットすると、
フェイス面をスクエアの状態でインパクトしやすくなるので、
線1本の場合は、ラインに対して直角にセットすると、良いかもしれません。

線がない場合は、右に外れることが多いかもしれません。
目線は、常にラインと平行になるように合わせて下さい。
両肩を結んだラインもラインと平行になるように合わせて下さい