ボールの半分まで埋まったラフからの脱出方法


今回は、ボールの半分まで埋まったラフからの脱出方法について、紹介したいと思います。

ラフに結構埋まっているボールを打つ際は、
芝の抵抗を受けることになります。

しかし地面まではボールが落ちてしまってはいません。
そのような場合、ダウンブローで地面に打ち込むことは
危険です。

打ち込んでしまうと、確実にザックリしてしまいます。
かといってボールをすくい打ちしてしまうと、
芝の抵抗に負けてしまいます。

両肩のラインは、右肩を上げて、左肩を下げるようにします。
ヘッドをダウンブローで打ちこむようなスイング軌道になる
アドレスですが、横から払うように打っていきます。

グリップは、手首を上げて構えます。
グリップだけで手打ちになることを防いてくれて、
ボディターンで打っていけるようになります。

バックスイングでは、アップライトに上げていきます。
左肩を低く構えていただいて、ダウンスイングは、
アウトサイドインに下していきます。

インパクトからフォロースルーまで一気に振り抜きましょう。
アドレスのひざですが、通常のスイングのように、
曲げるのではなく、ひざを突っ張って下さい。

ひざのアクションは、必要最低限にしていただいて、
芝ごとボールをヒットします。