ボールの転がりを良くするためのパッティング


今回は、ボールの転がりを良くするためのパッティングについて、紹介したいと思います。

パッティングのポイントは、グリップにあります。ヘッドの重みを利用してストロークすれば、ボールの回転は安定してきます。

グリップをリラックスして握ると、肘から手にかけての部分の力も抜けて、
ヘッドの重みを利用して、ストロークすることができるようになってきます。

おすすめは、リバースオーバーラッピンググリップです。左手の人差し指を右手にかける握り方です。
力の入れ具合は、握っているか握っていないかくらいにリラックスして握ります。

ストロークは、自分の力を使って動かさない方が良いです。自分の力で動かしてしまうと、
スイング軌道がずれてしまい、ミスパットになる危険性が増してきます。
インパクト後にボールが滑ってしまったり、宙に浮いてしまったりして、回転もしばらくは無回転になってしまいます。

ヘッドの重みを利用してストロークすると、インパクト後は、即座にボールが順回転してくれます。
同じストロークで同じような回転になり、距離感が合うようになってきます。

ボールを打つという意識を捨てるようにして下さい。
打つのではなく、転がすというイメージが大切です。