ボールをしっかりつかまえる方法


今回は、ボールをしっかりつかまえる方法について、紹介したいと思います。

アイアンが真っ直ぐに飛ばない、引っかかってしまう、
ボールをこすってしまうお悩みをお持ちの方は多いと思います。

アイアンが真っ直ぐに飛ばない理由は、インパクト時のフェイス面の向きです。
引っかけが出てしまう大きな原因は、フェイス面が閉じてしまうことにあります。

なぜフェイス面が閉じてしまうかと言うと、身体の回転が止ってしまい、
右肩が出てしまうからです。右肩が出てしまう理由は、右手の使いすぎにあります。

右手が強すぎると、インパクトからフォロースルーにかけて、
手首をこねてしまい、引っかけてしまいます。

引っかけをなくすためには、手首の角度を維持するようにして、
身体の捻転で打っていくことが大切です。

そのためには、アドレスした時に、クラブを短く持って、
グリップエンドをへそにあてて下さい。

バックスイングの開始と共に、へそも右側に回すようにして下さい。
引っかけの原因の大半は、手打ちです。

手打ちを防ぐための対策は、バックスイングをゆっくり上げることです。
さらに低く長く飛球線の反対方向に引いて下さい。

その時、グリップエンドが常にへそを向いているようにして下さい。
右足の前くらいまでヘッドが芝に触れているくらいでちょうど良いです。

ダウンスイングでは、左手の甲でボールを押していく感覚を持って下さい。
そうすると、ボールにフェイス面がくっつく感じになり、引っかけがなくなります。