ボールを確実にヒットす方法


今回は、ボールを確実にヒットす方法について、紹介したいと思います。

ゴルフは、ご存じのとおり、止まったボールを打つ競技です。
止まっているにも関わらず、なかなかうまくヒットできないのがゴルフです。

理由として考えられるのが、ボールが丸いことが挙げられます。
ボールが丸いと、人の本能として、クラブヘッドの1点とボールの1点をピンポイントで合わせようとします。

ピンポイントで合わせようとするからこそ、ゴルフを難しくしていると言えます。
そこでボールを丸い物と思わず、四角い物をイメージします。

ボールを四角いものとイメージすると、ヘッドのフェイス面と四角の面を合わせる感じを持ちやすくなります。
フェイス面を意識しやすくなり、ストレートにボールをヒットできるようになります。

四角を意識するために、ボールをはさむように2本の棒をはさみます。
2本の棒でボールをはさむことによって、フェイス面全体で打つ感じを持ちやすくなります。

またトップの状態を工夫する必要もあります。
トップを一瞬止めていただいて、間を作ります。

トップの状態になった時、左手の親指にシャフトが乗るような感じを持って下さい。
この時にシャフトの重みを左手の親指に感じるようにして下さい。