ボールを飛ばすダウンスイング


今回は、ボールを飛ばすダウンスイングについて紹介します。

誰でも、ドライバーを握ったからには、ボールを飛ばしたいと思います。
ボールを飛ばしたいと思うと、身体に力が入ってしまいます。

この力みが、ボールが遠くに飛ばず、曲がる最大の原因です。
トップからダウンスイングに切り替わる切り返しで力みが出ると、
ボールは飛びません。

ボールを飛ばす秘訣は、ダウンスイングにあります。
まずは、グリップです。

グリップは、全体的に軽く握ります。
ただし左手の小指は、しっかり握ります。

右手は、逆に軽く握ります。
右手を強く握ってしまうと、スイングの軌道がカット気味になってしまい、
スライスの原因になります。

次に、バックスイングでの左肩の位置です。
身体に力が入ると、バックスイングで左肩が下がってしまい、
ギッタンバッコンになってしまいます。

バックスイングでは、左肩が高い位置にあるように注意します。

次に、バックスイングでコックを使いすぎないことです。
ヘッドを大きく動かしていきます。

最後にインパクトを意識しないことです。
インパクトを意識してしまうと、一瞬力が入ってしまいます。

アドレス前に素振りをゆっくりして下さい。
そのイメージのまま、ボールを打ちましょう。