ボールを高く上げるアプローチ


今回は、ボールを高く上げるアプローチについて、紹介したいと思います。

バンカーを超えたい場合やグリーンが下っていて、ピンが近い場合は、ボールを上げる必要があります。
スイングの幅が大きくなればなるほど、ミスショットの可能性が大きくなります。

アプローチの用のクラブは、普通に打てば、高く上がる設計になっていますが、
ロブショットのような高いボールは、転がりを最小限に防ぐために、ボールを高く上げる必要があります。

ボールを高く上げるためのポイントは、右手をどう使うかです。アドレスでは、フェイス面をオープンにして構えます。
そして右手をかぶせてグリップします。

右手をかぶせる理由は、インパクトをフェイス面が開いた状態で迎えた後もフォロースルーで、
さらにフェイス面がオープンになるようにするためです。
少し練習が必要になりますが、マスターすると、高くて止まるボールが打てるようになります。

高いボールを打つためには、ボールをセットする位置が重要です。
いつもの位置よりも左サイドにボールをセットします。
手首よりもボールとクラブヘッドが左サイドにくるようにセットしてみて下さい。

体重配分ですが、若干右足に荷重して下さい。身体の回転を止めないようにスイングしていきます。
フォロースルーでは、右手を空に向けるようにして下さい。