ボール位置に迷った時の対処法


今回は、ボール位置に迷った時の対処法について、紹介したいと思います。

前のホールまでボールがつかまっていたのに、突然ボールがばらつき始めたら、
最初にボールの位置をチェックすることをオススメします。

ボールの位置に問題があるのに、フォームを直そうとしてしまうと、
悪循環に陥ってしまいます。

ボールと両足を結んだ三角形を基準にボール位置を決めると、
毎回安定したボール位置にセットすることができます。

ボールのずれ方の傾向ですが、右サイドに置いてしまうことが多いようです。
ボールが右サイドにずれると、身体の向きも右側に向いてしまい、
ボールは右側に飛びやすくなります。

それをフォームのせいにしてしまうと、悪循環に陥ってしまいます。
ボール位置を決めるポイントは、両足とボールを結んだ線が、
二等辺三角形を描くようにセットします。

両足のセンターにボールをセットして下さい。ロングアイアンとショートアイアンでは、
二等辺三角形の形は変わりますが、両足のセンターにボールをセットする点は、変わりません。

ウッドのボール位置は、ボールと左足のかかとと右足のかかとを結んだ線が、
直角三角形を描くようにして下さい。そうするとヘッドをボールの横から捉えることができます。

ボールの位置に問題がなければ、次にチェックするポイントは、バックスイングの方向です。
ボールがばらける時は、手首が身体から離れてしまう傾向があります。
ボールが捕まっている時の手首の軌道を普段から確認しておきましょう。