ミスに応じたラウンド直前練習法②


今回も、ミスに応じたラウンド直前練習法について、紹介したいと思います。

2.プッシュスライスが出やすい
打ち出しからボールが右に出てしまい、
そこから大きくスライスするプッシュスライスに悩んでいる方に
おススメの練習法は、クラブを肩にしょっていただいて、両肩を回す素振りです。

プッシュススライスの原因は、フォロースルーで身体が左に流れてしまい、
ヘッドが返ってこないで、押し出してしまうことが原因です。

身体の中心軸を意識して、その場で回転することが重要です。
トップポジションで回してきた左肩の位置に、
インパクトで右肩に入れ替わる感覚を持って下さい。

上半身が回転せずに、左肩が流れてしまうと、
プッシュスライスになってしまいます。
身体の軸を意識して、両肩を回転させるイメージを持って下さい。

また肩の回転せずに、手首が先に来てしまうと、
フェイス面がオープンになってしまい、スライスの原因になってしまいます。
常に身体の軸を意識してみて下さい。

3.ダフリが出やすい
ダフリになりやすい方は、身体を沈みこませてしまい、
打ってしまうことが多いようです。

最初にバックスイングで身体が起き上がってしまい、
ダウンスイングで沈んでしまい、ダフリになってしまいます。

ダフリを修正するための直前ドリルは、壁にお尻をくっつけた素振りです。
壁にお尻をくっつけてアドレスします。

バックスイングで、左手で右側の壁をさわります。
わる壁の高さは、腰の高さを目安にして下さい。

フォロースルーでは、左手で左側の壁をさわります。
さわる壁の高さは、頭の上が目安です。