ミスをできるだけ抑えるフェアウェイウッド①


今回は、ミスをできるだけ抑えるフェアウェイウッドについて、紹介したいと思います。

アマチュアゴルファーの方々の多くは、
フェアウェイウッドに苦手意識を持っていると思います。

苦手な方々に共通する部分は、高いボールを打とうとして、
ギッタンバッコンになったり、手打ちになっている点です。

ミスをできるだけ抑えるためには、ギッタンバッコンや手打ちをなくす必要があります。

フェアウェイウッドの打ち方には、ソールが芝の上を滑るように
スイングする方法とアイアンのようにダウンブローでスイングする方法があります。

おすすめは、ソールが芝の上を滑るようにスイングする方法です。
ソールが滑る動きをさせるには、ヘッドの軌道を低く保つことが大切です。

イメージとしては、腰から下の範囲を動く感じです。
ヘッドを低く保つためのポイントは、身体の軸が、
横に動かないようにすることです。

高いボールを打とうとする意識が強すぎると、
身体の軸が左右に動きやすくなります。

ヘッドを低く保つ意識が強すぎると、ヘッドスピードが上がらずに、
高いボールが打てません。ヘッドスピードを上がるためには、
スイング軸を維持することが大切です。

インパクトは、スイングのボールではありません。
ボールにヘッドを当てる意識が強すぎると、軸が動いてしまいます。
身体の正面にヘッドを戻してくるくらいの感覚が大切です。