ミスをできるだけ抑えるフェアウェイウッド②


今回も、ミスをできるだけ抑えるフェアウェイウッドについて、紹介したいと思います。

ダウンスイングでコックのリリースを遅くしてしまうと、
ヘッドが上がりすぎてしまいます。コックのリリースを早めにほどくことによって、
ヘッドが低く移動して、ソールが芝の上を滑ってくれます。
コックをほどく位置は、腰の高さを目安にして下さい。

身体の正面にヘッドを戻してくるためには、
右の手の平をフェイス面に見たてて、ボールを打っていくイメージを持って下さい。

身体の軸は、地面に対して、直角を基準にして、
若干右サイドに傾けてみて見て下さい。

フェアウェイウッドのシャフトは長めなので、
ボールポジションは、身体のセンターよりも左サイドにセットされるからです。

ボールからあごまでの線に身体の軸を合わせてみて下さい。
スイングしている間は、この軸の傾きを一定にしておきます。

このように構えると、ボールをヘッドの軌道の最下点で捉えることができます。

高いボールを打つためには、ヘッドスピードが必要です。
高いボールを打とうとする意識は、手打ちの原因になります。
ヘッドスピードは上がりません。

上半身が飛球線方向に流れてしまっても、
ヘッドスピードが落ちてしまいます。
インパクト後も頭を下に残しておくようにして下さい。

そうすると遠心力の力で、ヘッドスピードがアップします。