ミート重視なら左足体重


今回は、ミート重視なら左足体重について、紹介したいと思います。

体重を移動させることによって、ボールは確かに飛びやすくなります。
しかしタイミングが合わないと、ミート率が落ちてしまい、
ボールが曲がる危険性も出てきてしまいます。

そこで無理に体重を移動させることなく、
左足を踏み込むことで、ミート率をアップしていきます。

バックスイングでは、体軸が右に流れないように捻転していきます。
体重配分は5分と5分です。ここで、左足のかかとを上げていきます。

かかとを上げることによって、切り返しからダウンスイングにかけて
のタイミングがとりやすくなります。
トップでは、手首を高く上げすぎないようにして下さい。

ダウンスイングの開始と同時に、かかとを踏み込んでいってください。
べた足だと踏み込んだ感覚を感じにくいですが、
かかとを上げて踏み込むことによって、踏み込み感が出ていきます。

左足を踏み込んだら、体重を下方向に向けていきます。
ボールは、地面にありますから、下方向に向けることによって、
体重が乗っていきます。

左足を踏み込む以外にも、体重移動を意識せず、
左ひざを飛球線方向に動かして、タイミングをとる方法もあります。

また左足を踏み込んだら、さらに左ひざを若干曲げて、
身体全体を沈ませて、インパクトで元の高さに戻していく方法もあります。
この時、身体全体を沈ませる力は、腹筋を使うことがポイントです。