ユニークな素振り練習法


今回は、ユニークな素振り練習法について、紹介したいと思います。

スイングをマスターするために大切なことは、
身体を十分に捻転させることです。腕を意識しないくらいの感覚が良いです。

腕を意識しないで、身体を十分に捻転させることを意識するために、
クラブの両サイドを握って素振りすることをおススメします。

通常のアドレスをとって、クラブの両サイドを握って、アドレスします。
両サイドを握ったまま、バックスイングしていきます。

左腕は、地面と平行になるまでしか上がりませんが、
そのポジションで大丈夫です。

ダウンスイングでは、腰から先に回転してきて、
腕が後からついてくる感じです。

フォロースルーでは、左肩を回転するイメージを持ってみて下さい。
肩の回転が不十分だと、腕を動かすことが出来ずに
ワキが空いてしまうので、注意して下さい。

この練習を続けることによって、バックスイングで身体の捻転を感じることができます。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、
体重移動や両肩を回転させる感覚をマスターすることができます。

他には、クラブを逆に握って、ゴムティを打つ練習法もあります。
クラブが軽くなると、腕の力に頼ってしまい、
なかなかゴムティに当たらないものです。

ゴムティに当てるためには、十分に身体を捻転させることです。
この練習を続けることによって、身体を捻転させることをマスターすることができます。