ユーティリティの使い方②


今回も、ユーティリティの使い方について、紹介したいと思います。
2回目も、バンカーからのスイング方法から始めたいと思います。

バンカーショットでのボールの位置は、身体のセンターが良いです。
ボールを上げようとして、左サイドにおいてしまうと、ダフリやトップの
原因になるので、注意して下さい。

バックスイングは、体重移動をほとんどしないで、トップは浅めにします。
そうすると、水平軌道のスイングになり、砂に打ち込むことなく、薄く砂を
剥ぎ取り、飛距離が出ます。

インパクトで、ボールをクリーンヒットしようとすると、大トップが出やすくなったり、
腕だけのスイングになりやすくなります。

アドレスする時は、ボールのすぐ横にクラブヘッドをセットすると思いますが、
ダウンスイングでは、セットした位置よりボール一個分くらい右側にクラブを
下してきた方が、ミスが少なくなります。

水平軌道のスイングさえしていれば、ソールが砂を滑ってくれるので、大丈夫です。
多少ダフらせるくらいの気持ちで、スイングして下さい。

フォロースルーでは、右足を大胆に使っていきます。右足のかかとが上がって、
最後は、右足は、つま先だけが砂についている状態で、OKです。

ボディターンを上手く使うことができて、しっかりスイングすることができます。

スイングのポイントは、手首を使わないことです。手首を使わないで、
バックスイングは、低い軌道で引いていきます。

スイング軌道は、あまりアップライトせず、少しフラット気味が良いと思います。
フェアウェイのときのように、手首のコックを使うことは、禁物です。

コックを使ってしまうと、ダウンスイングでダウンブローに入ってしまい、
ヘッドスピードが急激に上がってしまいます。ラフでヘッドスピードが急に
上がってしまうと、芝につかまってしまう危険性があるので、コックを使わずに、
同じスピードでスイングします。

同じスピードでスイングするためには、ダウンスイングでヘッドを身体からできるだけ
離して、下してきます。

ダウンスイングからフォロースルーにかけては、水平軌道のスイングです。
低く長くスイングして、フォロースルーもしっかりとります。

ダフリ気味に入っても、ソールが芝の上を滑るので、スムーズに振ることができます。
ラフからのショットでは、ボールの浮き具合を十分に確認してください。

沈んでいるようで、浮いているケースもあれば、沈んでいるケースもあります。
どんな場合でも低く長い水平なスイング軌道で振り抜けば、ソールが滑って、
ボールが飛んでくれます。