ユーティリティの使い方


今回は、ユーティリティの使い方について、紹介したいと思います。
初回は、フェアウェイからのスイング方法から始めたいと思います。

ユーティリティのスイング軌道は、通常はウッドとアイアンの中間の
軌道になります。しかし初級レベル、スコアで言えば、100前後の方であれば、
アイアンと同じ軌道をおススメします。

アイアンの軌道は、ダウンブローです。ダウンブローの方が、
アイアンのスイングに近くなるので、100前後のスコアの方でも、
スイングしやすいはずです。

ダウンブローだと、多少ダフリ気味になっても、ソールがライを滑るので、
振り抜きやすくなります。

アイアンのような縦振りのスイングをするためには、身体をボールに
近づける必要があります。ボールに近づくほど、スイング軌道が縦振りになって、
ダウンブローで打ちやすくなります。ボールを曲げたくない時にも効果的です。

バックスイングでは、早めに手首のコックを入れていきます。基準は、
腰の高さくらいが良いでしょう。コックを作ったら、一気に上体を捻り上げて、
トップの位置を作ります。

手首のコックは、縦方向に入れていきます。縦方向にコックが入っているかの
基準は、手首が腰に来た時に、飛球線と反対方向から見て、
手首よりクラブヘッドが外側に来ていれば、大丈夫です。

体重移動は、ほとんど必要ありません。体重移動は、コックをしにくくなるからです。
左足は踏ん張りながら、上体を捻り上げましょう。

2回目は、バンカーからのスイング方法から始めたいと思います。

バンカーショットのポイントは、ダウンブローになりすぎないことです。
ダウンブローになってしまうと、ボールにしっかりクリーンヒットしないと、
ダフってしまうからです。

バンカーでのスイング軌道は、水平に振ることです。低く長い水平軌道をとると、
ボールに手前から、クラブが入ってもソールが砂の上を滑ってくれるので、
ボールを飛ばすことができます。

ヘッドを水平軌道で振るためには、構えた時の両ひざの高さを維持したまま、
最後まで振り抜きます。両ひざの高さが変わらなければ、低く長い軌道を維持できます。

無理にトップ気味にボールに当てようとするのは、禁物です。
無事にボールに当たったとしても、トップ気味ですから、ボールは上がりません。
最悪、アゴに当たってしまう可能性があります。ダフリのリスクも高くなりますので、
注意して下さい。

ユーティリティは、ウッド系よりもシャフトが短い分、スイングしやすいクラブです。
多少ボールが沈んでいても、水平軌道のスイングができれば、ボールは飛びます。