ライが悪いフェアウェイバンカーショット


今回は、ライが悪いフェアウェイバンカーショットについて、紹介したいと思います。

バンカーの砂の状態は常に一定ではありません。
時にはボールが砂に埋れてしまっていることもあります。

上級者であれば、振り方を変えて対応できると思いますが、
多くの方々は、振り方を変えてしまうことによって、
ミスが多くなるかもしれません。

そこで、振り方を変えるのではなく、クラブを変える方法をオススメしたいと思います。
ライが悪い時は、ユーティリティを使ってみると良いです。

ユーティリティは、低重心設計になっていて、高いボールを打ちやすいクラブになっています。
また本来は、アッパーブロー向きのクラブなので、
ダウンブローにならなくても、ボールが上がりやすい設計になっています。

ユーティリティで、悪いライから打つ時は、ダウンブローではなく、
水平にはくようにスイングします。

ユーティリティは、ソールが滑りやすい構造になっているので、
多少ダフリ気味になっても、ソールが滑ってくれて、ボールを打つことができます。

左足上がりのライでは、傾斜に沿ってアドレスしていただき、若干左足に体重をかけます。
クラブを短めに持って、コンパクトなスイングをして下さい。

左足下がりでは、高いボールを望めないので、ロフト角があるボールを選びます。
アドレスは傾斜に沿って、左足に体重をかけます。

目線を低く設定して、上体を低く保って、スイングします。
フォロースルーでは、スイング軌道を低く長く抜いていくようにして下さい。