ライとアプローチのマネジメント


今回は、ライとアプローチのマネジメントについて、

紹介したいと思います。

 

バンスを滑らせるスイングをマスターしたら、

マネジメントをマスターする必要があります。

 

スイングが良いのに、ボールが寄らないとしたら、

上げる、下げるのマネジメントに問題があるかもしれません。

 

エッジからピンまでの距離が近い場合は、

高いボールで打つことがポイントです。

 

ピンまでできるだけボールを飛ばして上げることです。

そうすると、距離感が合いやすくなります。

 

エッジからピンまでの距離が遠い場合は、

低いボールで打っていきます。

 

キャリーは極力少なくして、

ボールを転がした方が、間違いが少ないです。

 

左足下がりのライでは、高いボールを打ちにくいです。

上がりにくいのに、無理にボールを上げようとしてしまうと、

ミスショットになりにくいです。

 

バンスを傾斜に沿って、走らせて、

芝を刈り取るようにしていきます。

 

ラフにボールが沈んでいるときは、

ボールを上げることが難しいので、

転がし中心に打っていきます。

 

たとえラフでも、ボールが浮いているときは、

ボールを高く上げていきます。

 

左足上がりのライでは、ボールを上げやすいですが、

距離が出にくくなります。

 

しっかりスイングして、距離を出していきます。