ラウンドでのペースの作り方


今回は、ラウンドでのペースの作り方について、紹介したいと思います。

もし前のグループが詰まっていたら、どうしますか。
早く次のショットを打ちたいのに、待たされると、
いらいらしてしまうものです。

まあこういうこともあるといったふうに、
軽い気持ちで考えられるなら良いのですが、
いらいらしてしまってはいけません。

このようなときは、同伴プレーヤーと雑談でもしながら、
のんびりと時間を潰しましょう。
歩く時は、いつもと同じように、いつものペースで
歩きましょう。

歩くペースが速くなるのは、イライラしている証拠です。
行動を一定のリズムにして、マイペースを保ちましょう。

同伴プレーヤーのプレーが遅い場合も、いらいらしがちです。
同伴プレーヤーのプレーが遅くても早くても、マイペースを
保ちましょう。

どうしてもペースを乱されがちのときは、
そのプレーヤーから少し離れて歩くことをおススメします。

ペースが合わないプレーヤーより早くしようとしたり、
遅くしようとしたりすることは、すでにペースを
狂わされていることになるので、あくまで自分の
ペースを維持するようにして下さい。

遅いプレーヤーに対しては、全員打ち終わったら、
さっさと自分のペースで歩いていって下さい。