ラウンド中にできるドライバー修正法


今回は、ラウンド中にできるドライバー修正法について、紹介したいと思います。

1.修正法その1
ドライバーのミスで多いのが、腰が回らないケースです。

ダウンスイングの途中までは、腰が回ってくるのに、
インパクトからフォローにかけて、腰の回転が止まってしまうと、
手打ちになり、手首が返ってしまい、ひっかけの原因になってしまいます。

インパクトからフォローにかけて、腰をしっかり回すことが大切です。
回すと言うよりは、腰を切っていくイメージが良いでしょう。

インパクトからフォローにかけて、胸をターゲット方向に向けていく感じだと、
腰が回ります。

2.修正法その2
フォロースルーが止まってしまってはいけません。
フォロースルーは、しっかり振り抜くことが大切です。

フィニッシュの理想的な姿勢は、腰がターゲットを向き、
胸は、ターゲットより左を向いています。

胸が空を向かないようにして下さい。
ギッタンバッコンになってしまうからです。

正しい胸の位置を理解するための練習法が、
野球の素振り練習です。

均等に体重をかけて、アドレスします。
最初は、前傾姿勢はとりません。

肩の高さで、クラブを振り、通常のフィニッシュをとります。
この素振りだと、胸がターゲット方向を向きやすくなります。

慣れてきたら、徐々にクラブヘッドの高さを低くしていきます。
胸が常にターゲット方向を向くように素振りします。