ラウンド中のメンタル


今回は、ラウンド中のメンタルについて、紹介したいと思います。

セカンドショットをミスしてしまい、30ヤードの
アプローチが残ってしまいました。

そのようなときの対処法としては、プレショットルーティン
がおススメです。ルーティンの大原則は、
常に一定であることです。

世界のトッププロは、どんなショットでも、
プレショットルーティンは、常に同じです。

ルーティンで重要なのは、動作、順序、
リズムが一定であるだけなく、
思考と感情が一定であることです。

何を考えて、チェックして、イメージするかを
一定にします。思考を一定にすれば、
感情も一定にします。

ミスショットをしてしまったときの対処法ですが、
一時的に感情的になってもかまいません。

無理に怒りを抑える必要はありません。
おススメできないのは、反省したり、
後悔してしまうことです。

反省や後悔は、ネガティブな思考や感情を
引きずってしまいます。
反省するなら、ラウンドが終わったらにします。

反省や後悔は確かに、成長するために必要ですので、
タイミングとしては、ラウンド後にします。

イチロー選手は、試合後の控室で、
グローブを磨きながら、その日の反省をして、
悪かったところを振り返り、自分の成長の糧にしています。