ラウンド前日練習ドリル


今回は、ラウンド前日練習ドリルについて、紹介したいと思います。

練習場ではナイスショットなのに、コースに出ると全く別のゴルフになってしまう経験はありませんか。
普段なら絶対にしないようなミスをしてしまう事態を想定して、
ラウンド前日におススメの練習法を説明させていただきます。

ラウンドで多いミスのパターンがグリーン周りです。
アプローチで失敗してしまうと、次はナイスショットを意識してしまい、
当てにいってしまいます。

当てにいってしまうと、身体の軸がぶれてしまって、さらにミスを重ねてしまいます。
そこで、左足オンリースイングをおススメします。

右足をつま先立ちにして、後ろに引いて下さい。
ほぼ左足1本で立っていただいて、少しティアップして打ってみて下さい。

フォロースルー後のフィニッシュを数秒止めてみて下さい。
この練習で、身体の軸をキープして打つ感覚をマスターしてみて下さい。

アプローチミスしてしまった時は、このフォームで何回か素振りしてみて下さい。
もし身体が動いてしまったら、それは身体の軸が動いてしまったり、頭が動いてしまったり、
手打ちになっている証拠になります。

慣れてきたら、完全に左足1本で、素振りしてみて下さい。