ラウンド直前練習法


今回は、ラウンド直前練習法について、紹介したいと思います。

ラウンド直前の練習は、アプローチが得意かドライバーが得意かで変ってきます。

アプローチが得意な方の特徴は、肩と手首を結んだ三角形を維持しながら、
身体の回転運動で打っている点です。

その状態を思い出すために、9番アイアンと8番アイアンを各々逆方向に持ちます。
20~30ヤード打つ感じで、素振りをしてみて下さい。

三角形を維持しながら、打つことに集中して下さい。
腕と身体の一体感を思い出すことができます。

注意点としては、手首を使わないことです。
手首を使ってしまうと、三角形を維持できず、
身体の回転を使えなくなるので、注意して下さい。

ドライバーが得意な方は、ヘッドがある程度重い物を振ることで、
感覚を思い出すことができます。

クラブを2本持ちます。通常のアドレスをとったら、
バックスイングで左足を上げて、ダウンスイングでは、
左足を下して、フォロースルーでは、右足を上げます。

手首のコックを積極的に使って大丈夫です。
ドライバーが得意な方が腕の三角形を意識しすぎると、
左腰が引けてしまうことが多いので、注意して下さい。

体重移動を積極的に実践して下さい。
軸は多少左右に移動しますが、
軸を左右に2つ作るイメージで、飛距離を伸ばしてみて下さい。