ラフからのアプローチ


今回は、ラフからのアプローチについて、紹介したいと思います。

ラフからのアプローチは、多くのゴルファーにとって悩みの種だと思います。
ラフの深さによっては、グリーンに寄せるどころか出すことさえ難しくなってきます。

ラフが深い場合は、グリーンに寄せることよりまずは脱出することが最優先されます。
ラフからのアプローチとフェアウェイからのアプローチで、大きく異なる点は、
アドレス時のフェースの向きにあります。

フェアウェイからは、フェイスの向きは飛球線に対して直角で構いませんが、
ラフからは、フェイスの向きは飛球線に対してオープンになります。

フェイスを開くことによって、リーディングエッジを芝の抵抗に負けずに
ボールに到達させることができます。

芝に対するリーディングエッジの抵抗を最小限に減らすことによって、
スイングできるようになるからです。

クラブはウェッジ系を使った方が、フェイスをオープンにしやすいので、おススメです。
芝の抵抗に負けないように、インパクトでは、グリップをしっかりさせます。

ラフでは、体重移動を多めに使います。
腕だけだと、芝の抵抗に負けて、ダフリやチョロになってしまいます。

アドレスでは、左足にしっかり体重をかけます。
バックスイングでは、少し右足に体重がかかりますが、
ダウンスイングでは、左足にしっかり体重をかけ直し、
フォローでは、左側に歩き出してしまうくらいの感覚で、体重を左側に乗せていきます。