ラフからの打ち方


今回は、ラフからの打ち方について、紹介したいと思います。

これから暖かくなるにつれて、伸びてくるのがラフです。
ラフが長くなると、脱出することが大変になってきます。

脱出するためには、単に力任せに振れば良いというものではありません。
振り方にもちょっとしたコツがあります。

ラフからのピンまで150ヤード以上ある場合は、5から6番アイアンが必要になってきます。
ラフからのショットでNGなのが、力任せのオーバースイングです。

スイング幅は、スリークオーターがオススメです。
小振りなスイングをするためのポイントが右足に体重をかけることです。

大まかな基準は、右足6:左足4です。この体重配分を維持したままスイングします。
右足に体重をかけたままスイングすると、上体が飛球線方向に突っ込まなくなり、身体の軸が安定してきます。

軸が安定すればボールが高く上がります。高く上がる分、距離は出ないので、大きめのクラブを持ちます。
ラフに入ったボールは埋まっているように見えますが、実はボールと地面の間に空間があることが多いです。

その空間を狙って下から上にアッパーブローで振り抜いて上げると、右足体重を維持することができます。
オーバースイングにありがちなミスは、頭が飛球線方向に動いてしまうことです。

右足体重によって、頭の動きを抑えることができます。
頭を動かさないことによって、ヘッドスピードが上がってきます。