ラフでのクラブ選択方法


今回は、ラフでのクラブ選択方法について、紹介したいと思います。

夏場でのラフは、クラブの抵抗がきつく、
スイングがしにくくなります。

距離は二の次にして、楽に触れる
クラブでスイングします。

ボールがラフにどのくらい沈んでいるか
確認して、クラブを選びます。

ラフに完全にボールが隠れてしまい、
ボールが隠れてしまっている場合は、
ウェッジで確実に出すことが先決です。

シャフトが長いクラブを使ってしまうと、
芝の抵抗がきつくなり、ボールが飛ばなくなってしまいます。

力がない方やヘッドスピードが遅い方は、
ウェッジで脱出することを最優先します。

ボールを身体のセンターにセットします。
ボールの下にウェッジを入れていって、
ボールの前後5センチの芝ごと刈るようにします。

グリップを強く握っていただいて、
手打ちで構いません。

ボールの半分が沈んでいたら、
8番アイアンまでがおススメです。

長いクラブを握ってしまうと、
ダフリや芝に負けてしまい、飛距離が落ちてしまいます。
ラフから脱出させることを優先します。

体重移動を抑えていただいて、
ボールは左サイドにセットしていただきます。
スイングは、アッパースイングにします。

ラフから浮いていたら、フェアウェイウッドで大丈夫です。